書籍紹介「老いと記憶」増本康平 著

老いと記憶
増本康平 著 ISBN978-4-12-102521-0

加齢が脳に及ぼす影響で不思議なのは、年齢とともに脳全体に均質に変化がみられるわけではない事です。顕著に萎縮する場所とそれほど萎縮しない場所が存在します。

前頭前野の体積が加齢とともに最も萎縮し、次いで、海馬を含む側頭葉、頭頂葉、後頭葉の順に萎縮がみられます。加齢にともなう脳の変化には、このような神経細胞の減少にともなう萎縮と、もう一つ、シナプスの密度の低下があります。シナプスの密度の変化は特に前頭葉で顕著です。シナプスの密度の減少と認知機能低下は同時期に生じることから、神経細胞そのものの減少よりも、神経細胞間のネットワークの減少が認知機能の低下の原因であることが指摘されています。

なお、加齢とともに衰える記憶機能は二つです。一つは、短期記憶の「ワーキングメモリ」と呼ばれる複雑な思考や並列的な作業を担う記憶です。もう一つは長期記憶の「エピソード記憶」と呼ばれる過去に出来事の記憶です。但し、エピソード記憶の低下は全てのエピソードにみられるわけではなく、5年以内の比較的最近の出来事で顕著にみられます。

一方、私たちが経験したことを記憶し、それを思い出すためには、経験を情報として頭に入力し(符号化)、その情報を保持して(貯蔵)、保持した情報から必要な情報を思い出す(検索)という3つのプロセスを経る必要があります。年をとると特に低下するのは、情報の入力と検索のプロセスです。その理由は、加齢にともなう萎縮が顕著な前頭前野が、その両者のプロセスを担っているためです。

以上のような背景を前提として、本書は、高齢者心理学の立場から、若年者と高齢者の記憶の違いや、認知機能の変化など、老化の実態を解説。気分や運動、コミュニケーションなどが記憶に与える影響にも触れ、人間の生涯で記憶の持つ意味をも問うています。

加齢をネガティブに捉えず、老いを前向きに受け入れるヒントが見えてくる!!

2019年5月23日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「自分が高齢になるということ」和田秀樹 著

自分が高齢になるということ

和田秀樹 著 ISBN978-4-86081-572-1

肉体的な衰えは、ウォーキングやジムに通ったり、あるいは日常生活の中に少しでも身体を動かすことを取り入ることにより、ある程度、意識的に遅らせることができます。

しかし、頭脳の衰えは意識すれば食い止めることができるかどうかはわかりません。ところが、高齢になるにしたがって、どんな人にも予測のできない状態が訪れる可能性があり、しかもその可能性は、高齢になればなるほど高まってきます。脳の変化とそれに伴う様々な変化です。

だれもが真っ先に思い浮かべるのが認知症でしょう。85歳という年齢を過ぎれば40%(55.5%という統計もある)程度の人に認知症の症状が現れます。だとすると、ボケることを前提にして、幸せなボケ、ボケてもいいから幸せな老人を目指したほうが、ゆったりとした気持ちで生きられるし、それによって長生きもできるはずです。

そこで、本書には、朗らかなボケ、穏やかなボケを目指すためにどうすればいいのかという視点で、高齢者専門の精神医学を学び、実践してきた著者が気づいたこと、考えていることがざっくばらんに書かれています。

ボケれば「嫌なこと」「つまらないこと」を忘れることができ、自責感からも解放され「わたしのせい」という周囲への心苦しさをあまり意識することはなくなります。また、ボケはゆっくりと進み、脳にはまだ活用できる機能が残されているので早期に適切な治療を受ければ、その進行をある程度遅らせることもできますから、たとえ認知症とわかってもいままでと通りにできることはいくらでもあります。そして、愛されるボケには周囲の人を幸せにする力があります。

老いて幸せなら人生それでよし!!

2019年5月9日 8:48  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「免疫と“病”の科学」 宮坂昌之・定岡 恵 共著

免疫と「病」の科学
宮坂昌之・定岡 恵 共著 ISBN978-4-06-514434-3

白血球はその種類ごとに役割分担があり、どのような細胞が刺激を受けるかによって異なるタイプの炎症反応が起こることがわかり、さらに免疫反応は炎症反応によって始まることも分かっています。

さらに、近年の最大の発見は、炎症が起きるときには、白血球だけではなく、全身の細胞が反応して炎症反応が進んで行くという事と、病原体のような体外から侵入して来る異物だけではなく、コレステロールや尿酸の結晶など、体内に溜まってくる生体由来の成分も炎症を起こすという事です。そして、このような過程の中で、炎症を起こす物質の種類や量によっては、通常は一過性に収まるはずの炎症反応が長引き、さらに体内のブレーキ機構などが破綻することによってドミノ倒し的な連続的現象が起こり「慢性炎症」という状態に至ることがわかってきました。

炎症が続くと、何が困るのでしょうか?ひとつは、炎症の影響が局所に留まらずに全身に広がっていく事です。これは「慢性炎症は万病のもと」となることにおおいに関係します。もう一つは、炎症を起こしている組織の性状や形態が次第に変わり、ついにはその組織の機能が低下してくる事です。

この「慢性炎症」という状態は、まだ一般にはあまり広く知られていませんが、近年の研究により、ありとあらゆる疾患に関与することがわかってきました。「慢性炎症」は、それ自身は症状が比較的軽いために見つかりにくいのですが、次第に進んで行くとともに、がん、糖尿病、動脈硬化やアルツハイマー病など様々な恐ろしい病気の原因となり、これらの病気を悪化させます。ご存じのように現代人の健康長寿をはばむ一番の原因は、がん、糖尿病、動脈硬化やアルツハイマー病です。従って「慢性炎症」の正体を明らかにして、その悪さを食い止める事が現代人の健康長寿の実現のために必須の事なのです。

最新免疫学でわかった、現代人を蝕む「万病のもと」
サイレント・キラー=「慢性炎症」

2019年4月25日 8:45  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ