書籍紹介「知ってはいけない薬のカラクリ」 谷本哲也 著

知ってはいけない薬のカラクリ
谷本哲也 著 ISBN978-4-09-825344-9

実は製薬会社が一般の患者に向けて処方薬の宣伝を直接行うことは、政府により禁じられています。

処方薬は、正式には医療用医薬品と呼ばれます。医療用医薬品は、薬として効き目が強い反面、副作用にも注意が必要です。そのため、医者が診察した上で、数ある薬の中からどれがいいのか選ぶ必要があるということになっています。

つまり、処方薬選びは、医者の裁量が大きく、仕組み上、製薬会社の取引相手は患者ではなく、医者になっているわけです。そこで、処方薬を売る製薬会社は潤沢な資金力を使って、患者の目に触れないところで、医者向けにさかんに宣伝活動を行っています。それを象徴的に示しているのが、新薬の説明会で製薬会社が医者に無料で配る「高級弁当」です。しかし、薬の宣伝のために、考えられないくらいもっと大きなお金が動いています。多くの医師を集めてしばしば新薬の治療成績について説明が行われますが、大学教授がその新薬の“広告塔”となり、多額の謝礼金が支払われています。さらに、驚くべきことに製薬会社から薬価の算定委員にも多額の謝礼金が提供されていることも分かりました。

このような「白い巨塔の金脈」を明らかにしようと取り組んでいるのが、本書で紹介されているマネーデータベース「製薬会社と医師」プロジェクトです。探査ジャーナリズム活動を行う「ワセダクロニクル」と「医療ガバナンス研究所」に関係する著者たち医師グループにより製薬会社から医者個人へ流れるお金を調査報道によって明らかにし、分析を加え、日本初のデータベースをインターネット上で公開されています。

本書ではマネーデータベース「製薬会社と医師」プロジェクトから分かった知見を紹介するととともに、あなたの代わりに医者が薬を選ぶ背景について、つまり医者が処方薬を選ぶまでの裏側を分かりやすく解説しています。

現役医師が勇気をもって明かす“不都合な真実”

2019年9月19日 8:41  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「Dr.石原のお悩み相談室」 石原結實 著

Dr.石原のお悩み相談室
石原結實 著 ISBN978-4-7593-1664-3

漢方医学には2000年も前から「万病一元、血液の汚れから生ず」という概念があります。当時は血液の状態や内容などがまったくわかっていなかったので、この概念は多分に哲学的なものだったわけです。しかし、血液の構成成分や内容をすべて把握している西洋医学を通してこれを解釈すると、漢方医学の病因論は、まさに正鵠を射た表現であることがわかります。なお、血液を汚す原因として主に以下の(1)~(4)があります。

(1)「食べ過ぎ」
血液中の糖や脂質、タンパク質、老廃物の増加
(2)「食物の質」の間違い
肉、卵、牛乳、バター、マヨネーズに代表される動物性食品の摂取過剰による血液中の脂肪、タンパク質、老廃物の増加
(3)「運動不足」
体温生成要因の40%を占める筋肉を使った運動・労働が不足すると、血液中の糖、脂肪、タンパク質、老廃物の燃焼、利用が妨げられて、血液を汚す。
(4)「冷え」
冷える(体温低下)と、血液中の糖、脂肪、タンパク質などの栄養素や老廃物の燃焼、排泄が妨げられ血液を汚す。

一方、血液が汚れれば、体は何とか血液を浄化しようとします。この血液浄化反応としては、主に以下の(1)~(4)が挙げられます。

(1)発疹(湿疹、じんましん、化膿疹など)
(2)炎症(気管支炎、肺炎、胆のう炎、膀胱炎など)
(3)動脈硬化、高血圧、出血、血栓、結石
(4)がん腫(出血により血液の汚れを浄化)

ところが、西洋医学はこの血液浄化反応を「病気」と見て、抑えようとしている(対症療法)。しかし、食べ過ぎ、運動不足…など血液を汚す生活を続けていれば、血液は汚れたままで、根本的な解決になりません。

「血液の汚れ」と「血液の浄化反応」と考えれば、病気・症状に対する根本的な対処法、治療法が見えてくる!!

2019年9月5日 8:52  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「歯医者さんが書いた〈歯は治療するな〉」武田 貢 著

歯医者さんが書いた「歯は治療するな」
武田 貢 著 ISBN978-4-331-5220-2

著者が歯を治療しないでという理由は、大きく分けると以下の3つです。

1.一度、歯を削ると最終的には歯を失う方向に向かうからたとえ、削ったところを、詰めたりかぶせたりといった治療をしても、一度削った歯は天然の歯より弱く、虫歯になりやすいからです。また、クラウンをかぶせる治療をした場合、神経を取ることも多く、神経を取った歯は死んだ歯で、歯ぎしりや食いしばりなどで割れやすくなります。さらに、歯がなくなるとアゴの骨も喪失し、入れ歯もインプラントも難しくなります。従って、できるだけ歯を抜かないことがポイントとなります。

2.虫歯を治療するより原因を除去する方が大事だから、昔の虫歯治療は「早期発見・早期治療」でしたが、今は「早期発見・定期観察」です。虫歯を発見してもすぐに削るのではなく、虫歯になった原因を取り除くことで進行を止めるという考え方。従って、進行していない虫歯は治療する必要はありません。なお、虫歯の原因の多くは白砂糖。特に大量の砂糖が入ったお菓子や飲み物が原因です。極論すれば、砂糖を食べなければ歯磨きをしなくても虫歯になりません。ただし、歯磨きをしないと歯周病になります。

3.虫歯や歯周病にならないように予防することが大切だからまず、虫歯から歯を守るためにやるべきことは①虫歯菌の繁殖を防ぐ。虫歯のエサとなる糖分を口の中になるべく入れないこと ②口の中(口腔内環境)を常に正常な状態に保つ。間食する時間を決めて食べ、食べた後は、必ず歯磨きをする。 ③歯そのものを強くする。夜寝る前にシュガーレスで、しかもキシリトールの入っているガムを噛み歯の再石灰化を促す。

一方、歯周病の予防は①正しいブラッシング ②歯周病を進行させる悪い習慣を改める(ex.間食、タバコ、ストレス、不規則な生活) ③定期的に歯医者さんで歯垢や歯石を取ってもらう。

歯を削るのは命を削ると同じ、歯周病は認知症や動脈硬化を招く!!

2019年8月22日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ