書籍紹介「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」 西山耕一郎 著

肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
西山耕一郎 著 ISBN978-4-86410-554-5

じつは、筋肉や血管よりも「決して衰えさせてしまってはいけない機能」があります。それは、食べ物を飲み込む力。すなわち嚥下機能です。

人間は、食べ物を食べてエネルギーを取り込まなければ生きていくことができず、わたしたちは日々その行動をごく「当たり前のこと」として行なっています。しかし、飲み込む力が衰えてくると、しばしば「誤嚥」が起こるようになり、食べた物が食道ではなく、気管や肺のほうに入ってしまいます。すると、気管や肺に入った食べ物により炎症が起こり「誤嚥性肺炎」が発生し“命取り”になることがあります。

だから、死なないようにするには、飲み込む力を衰えさせてしまってはダメ。とくに70代以上の高齢者の場合は、飲み込む力をどれだけキープできるかが、寿命を決定づけるカギになると言えます。

みなさんは、最近、食事中に「ムセ」や「咳込み」が多くなったと感じていませんか?もし心当たりがあるならば、それは、のどの力が衰えて「飲み込み力」が低下してきたという証拠です。「飲み込み力」が低下すると、本来食道に入るべき飲食物が誤って気管に入ってしまうわけです。

ところで「飲み込み力」が落ちてくると「見た目」にも明らかなサインが現れます。じつは「のど仏」の位置が下がってくるのです。ごっくんと食べ物を飲み込むと、のど仏(咽頭)が上下しますが、この動きは咽頭挙上筋群と呼ばれる筋肉がのど仏(咽頭)を引っ張り上げたり下げたりすることで成立しています。従って、飲み込み力を高める方法はこの筋肉を鍛えるトレーニングをすることです。具体的には、のどの「3つの機能」の(1)嚥下機能(2)呼吸機能(3)発声機能 がしっかりできるようにそれぞれ日々トレーニングすることです。さらに、じつはもうひとつ、飲み込み力キープのために絶対に低下させてはいけない機能があります。それは「体力」です。飲み込み力は全身の体力と相関しています。

誤嚥が気になる人は、1万人を治療した名医が教える寿命を10年のばす1日5分の「のど体操」をすぐに実践しましょう。

2017年7月20日 8:48  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「大往生したけりゃ医療とかかわるな[介護編]」中村仁一 著 

大往生したけりゃ医療とかかわるな[介護編]
中村仁一 著 ISBN978-4-344-98454-7

「健康寿命」を延ばすことに異は唱えませんが、大事なのは「健康寿命」後です。まだ、人生が終わったわけではありません。医療や介護の利用を最小限にして、いかに要介護状態を生きるか。端的に言えば「要介護期間」の短縮です。「老化」は「成長」と逆の経過を辿り、のみ食いは最後の能力となり、自力でこれができなくなれば「寿命」ということです。

これは、人間だけでなく、あらゆる生きものに共通の最後の姿ですから、排泄の手助けまでは許容できても、自力でのみ食いできなくなった場合は、食事の介護は断り、また、のみこめなくなったり、のみこみが悪くなって誤嚥性肺炎を繰り返すようになった場合には「胃瘻をつくる」「鼻からチューブを入れる」「中心静脈栄養をする」「点滴注射をする」「大量皮下注射をする」などの一切の医療措置は、辞退するということです。

人間には、もともと自然に任せれば穏やかに死ねる仕組みが備わっています。そして、繁殖を終えた年寄りに残された最後の大事な役目は自然な死が穏やかであることを後続の者に見せることです。

その実現のためには、元気なうちから、家族や周囲の人達に「重度の要介護状態で生き延びたくない」旨を伝えておかなければなりません。なぜなら、意識がなくなったり、ぼけで充分に意思表示ができなくなった場合に、代弁するのが家族や周囲だからです。そして、可愛い子や孫のために、今の世界に冠たるいい制度を残すべく、潔く身を引こうではありませんか。

なにはともあれ、家族の絆(ほだし)なることだけは、絶対に避けましょう。

人間の最大の悲劇は、人間らしくない死に方をすること!!

2017年7月6日 8:56  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「世界一ラクな『がん治療』」近藤誠・萬田緑平の医師対談

世界一ラクな「がん治療」
近藤誠・萬田緑平の医師対談

「人生の最終章が人生でもっとも幸せな時間になるように」をテーマに両医師による対談での主なアドヴァイスは以下の通りです。

(1)がんは本来、亡くなるまで歩いたり話したりできる病気
むやみに臓器を切り取ったり、抗がん剤を打ったり、点滴をするから、やせ細って苦しみ抜いて、死ななければならなくなる。

(2)笑ってピースして旅立つ、在宅のがん患者さんたち
がんを治そうとする治療はいっさいしない。「治療をあきらめるのではなく、治療をやめて最後まで自宅で自分らしく生き抜く」

(3)「がん放置療法」は「全部ほっておけ」療法?そんなバカな
胃がん、大腸がん、乳がんのようなカタマリをつくる固形がんは、なるべく手を加えず、痛みや苦しみのケアをきちんとした方がラクに長生きできる。

(4)ピンピンしているのに「がん」と診断された、忘れなさい
自覚症状がないのにがんと診断された患者さんは①診断を忘れる ②検査を受けない ③医師に近づかない こと。

(5)「入院したくない」は、つらい延命治療をされるかどうかの大関門
検査で病気を見つけられたお年寄りが「入院したくない」はダダをこねているのではなく「認知症にしないでくれ」という叫びです。

(6)医療法麻薬で痛みを抑えて旅行やゴルフを楽しむ
「痛み」と「呼吸苦」はモルヒネなどの医療用麻薬を正しく使えば、中毒になったり命を縮めることのない、むしろ残された命を有効に使うためのすばらしい薬です。

(7)最後までオムツ生活にならない方法、教えます
筋肉でも脳でも使わないとすぐ衰えるから、タンスにしがみついてでも、這ってでも、とにかく自力で行けばオムツ生活にはならない。

「いい治療」より「ツラくない方法」でがんでもラクに長生き!!

2017年6月14日 11:49  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ