書籍紹介「アルツハイマー病は【脳の糖尿病】」 鬼頭昭三・新郷明子 共著

アルツハイマー病は「脳の糖尿病」
鬼頭昭三・新郷明子 共著 ISBN978-4-06-502025-8

これからの日本人にとって、きわめて深刻な問題となっていくことが確実な、二つの病気があります。

一つは、アルツハイマー病(認知症の半分以上)です。健康保険で適用が認められている薬は、いま現在4種類あるものの、そのいずれも対症療法に留まっており、病気の進行を止めるものではありません。つまりアルツハイマー病には、現段階では根本的治療法はないので介護などの手段を通して、病気と“つきあって”いくほかはないという現状があります。

さて、もう一つの病気は「糖尿病Ⅱ型」です。糖尿病は、いまや日本人の国民病です。

実は、著者らの臨床的な研究や基礎的研究によって、この二つの病気の根本的原因が同じであることが浮かび上がってきたのです。糖尿病の主役は、ランゲルハンス島の中のβ細胞から分泌されているインスリンというホルモンです。アルツハイマー病で最も早期に強く冒され、病変の場の主役となるのは脳の海馬の神経細胞ですが、この海馬の中でも、膵臓と同じようにインスリンがつくられています。

ところで、健康な状態では、膵臓でつくられたインスリンは、血液脳関門を通過して、脳で作用を発揮します。ところが、インスリン抵抗性の状態では、インスリンは血液脳関門を越えて脳の中に入り込むことが難しく、記憶物質として働くことができません。これが糖尿病の人がアルツハイマー病になりやすいことの原因の一つです。また、糖尿病になると、インスリン抵抗性による高インスリン血症の状態なので、インスリン分解酵素がインスリン分解のために大量に消費され、脳内のアミロイドβタンパク質の分解ができなくなり、アルツハイマー病の発症に拍車をかけることになります。

アルツハイマー病の元凶は糖尿病と同様「インスリン抵抗性」だった!!

2017年9月21日 8:42  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい」 堀江重郎 著

うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい
堀江重郎 著 ISBN978-4-492-04596-1

40代からの日本人男性に多く見られる男性ホルモン「テストステロン」の急激な減少により、元気がなくなって気分が落ち込んだり、イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。成人男性のテストステロンは以下のように身体、脳、精神の状態、さらに生き方まで、男性の人生に深くかかわっています。

[身体]
・骨や筋肉を作り、強さを保つ
・性欲や性機能の源
・血液を作る働き
・動脈硬化の予防
・メタボの予防
[脳]
・認知機能
・体内時計への作用
[精神]
・ヤル気
・判断力
・決断力

テストステロン値が下がってくると、さまざまな「困った」問題がおきますが、その典型的な現象が「何もかもおっくうになる」「ヤル気がなくなる」といったものです。そして、これこそが「男性の更年期障害」なのです。頻尿や尿もれ、EDなどはテストステロン値を上げることで改善する事が多く、また、うつ病患者さんの多くがテストステロン不足であり、抗うつ剤でかえって悪化させているケースもあります。

テストステロン値は「泌尿器科」や「メンズヘルス外来」などの血液検査で簡単にわかります。値が低いと、補充療法などで様々な症状が劇的に回復しますが、テストステロン補充療法を受けている日本人は年間2万人にすぎません(米国は170万人)。

なお、テストステロン値は次のようなライフスタイルの改善でも増やすことができます。適度な運動、仲間との行動、ストレスの解消、夜更かしをしない、女性と接する、パワースポットに出かける、ゲームをするなど。

メンズヘルスの第一人者が、テストステロン値の減少がもたらす更年期障害への対処法をわかりやすく解説。
テストステロン値を高めて「できる人」になる!!

2017年9月7日 8:53  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介 「発達障害」 岩波 明 著 

発達障害
岩波 明 著 ISBN978-4-16-661123-2

本書は、成人における発達障害について、一般の方を対象として、その具体的な概念や内容を知って頂くことを目的としています。

この10年あまり、発達障害はマスコミでも頻繁に取り上げられ、一般の人もよく耳にするようになったにもかかわらず、いまだ誤解が多い。なぜかというと(1)これまで医療や福祉で扱われてきた発達障害は、比較的重症のものに限られ、現在問題となっている、知的能力の高いアスペルガー症候群の人たちなどは、そもそも治療や援助の対象とみなされていなかった。(2)さらに最近まで発達障害は児童期の疾患とみなされ、ほとんど小児科で扱われ、成人を専門としている医師やカウンセラーの多くは、発達障害の治療経験を持っていない。従って、彼らは発達障害についての理解は不十分です。

本書では、成人期の発達障害の代表的な疾患であるアスペルガー症候群などの「自閉症スペクトラム障害(ASD)」および「注意欠如多動性障害(ADHD)」を主に扱っています。この2種類の発達障害は、成人期における発達障害の大部分を占めますが、、両者はまったく別物ではなく、複雑に関連しています。

ところで、発達障害についての大きな問題の一つは診断の不正確さです。これには過剰な診断と過小な診断と両方のケースがあります。過剰診断の中でもっとも頻度の高いものは「対人関係や社会性の障害」がみられるために、アスペルガー症候群の診断を受けているケースです。しかし、対人関係についての問題は統合失調症や対人恐怖症(社交不安障害)あるいはうつ病などの精神疾患においても頻繁にみられ、実は「健常者」においても珍しくありません。逆に、過小診断もしばしばみられます。うつ病など他の精神疾患と誤診されている場合や、発達障害の存在を見逃されまったく問題がないとされるケースも珍しくありません。

日本の医学界きっての専門家が、ASD、ADHD、アスペルガーの謎に迫る!!

2017年8月17日 8:53  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ