書籍紹介「小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない」鳥海佳代子 著

書籍紹介 小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない
鳥海佳代子 著 ISBN978-4-8376-7246-3

本物の小児科医、つまり、子どもにとって本当に良いことを考えてくれる医師は全国にたくさんいます。
しかし、残念ながら、
・自らの利益しか考えない医者
・「小児科」と看板の一部に掲げながらも、小児医療の知識と経験が少ない医者
・人間として見ても変な医者
・自分の考えが絶対だと思い、それを患者さんに押しつける医者

などがいるのも事実です。

そこで、小児専門の著者が、何よりも大切なお子さんを守るために、親御さんに賢く、医者や医療機関を受診するタイミングを、飲ませる薬を、上手に選び取ってほしいと願って以下のような内容の本書を書きました。

(1)薬を使わないで済むなら使わない、使うときも必要最低限にする。特に、咳をやわらげる薬、痰を出しやすくする薬、抗生剤はできるだけ使用しない。

(2)発熱は体が、病原体と闘っているサインなので、生後6ケ月以上ならば症状が熱だけで、ご機嫌や哺乳の様子が普段とそれほど変わらなければ、すぐには受診しないで免疫の貯金を増やす。

(3)3歳までに多くの病原体と出会い、なるべく薬に頼らず、安易に医者にかからずに、それを乗り越えることが大切。そして、4歳を過ぎたら病院とは縁を切るつもりで育てましょう。

(4)親との感情の交流こそが一番の「薬」と考え、子どもと正面から向き合う姿勢、どっしりゆったり構える姿勢が大切です。

(5)ワクチンは接種しても、しなくてもリスクはあり「効けばラッキー」と考える。但し、麻疹風疹ワクチンだけは接種しましょう。

二児の母でもある、現役小児科医が本音で語る!

2017年3月16日 8:43  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「医学の勝利が国家を滅ぼす」里見清一 著

医学の勝利が国家を滅ぼす
里見清一 著 ISBN978-4-10-610694-1

医学が進歩し、患者さんの治療成績は改善した。それはもちろん慶賀すべきことであるが、そのための治療コストは上昇している。ある程度は、それはやむを得ない。

しかし、そのコストが2割増しや3割増しではなく、100倍、1,000倍になるとすれば話は別である。誰がそれを払うのか。どこにそんな金があるのか。無限とも思える膨張を続ける医療コストの本質は、「医学の進歩」と「人口の高齢化」であって、この二つには、誰も責任がない。そして誰にも止められない。誰も悪くないのに、自分に被害が及ぶ。負担が増える、医療が受けられなくなる。不条理としかいいようがないが、残念ながら現実である。その現実を直視することから始めねば仕方がない。

最近になって財務省も厚労省も、少なくとも「高額薬の問題がある」ことと、医療財政が破綻の危機に瀕していることを公に認めるようになったようだ。話のとっかかりになったのは免疫療法剤オプシーボであるが、ことはこの「一つの薬」だけの問題ではない。

そこで著者は、現実的な解決法として75歳以上の患者には、対症療法はこれまでと同じようにきちんと行うが、すべての延命治療を禁止することを提案する。人は例外なく、一定のスピードで年をとる。金持ちも貧乏人も、天才も愚者も、一流のアスリートも虚弱者も、この点においては、同様であり、これ以上公平なことはない。

爆発的に膨張する医療費は財政の破綻を招き、次世代を巻き添えに国家を滅ぼすことは必至なのだ。「命の値段」はいかほどかなど、著者が昨年「新潮45」誌11月号に発表以来、新聞、テレビ等で大反響の論考を書籍化したのが本書である。

①夢の新薬→ ②医療費膨張→ ③財政破綻

現役医師の衝撃告発!

2017年3月2日 8:42  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「がんで死ぬ県、死なない県」松田智大 著

がんで死ぬ県、死なない県
松田智大 著 ISBN978-4-14-088507-9

いまや、日本人の二人に一人はがんにかかる時代です。では、その罹患や死亡の実態に「地域差」があることは、どこまで知られているのでしょうか。

著者が所属する国立がん研究センターでは、都道府県が実施する「地域がん登録」のデータをもとに、部位ごとの罹患率や死亡率を公表しています。2016年に公表したデータ(2012年調査)では、初めて47都道府県のデータが出揃い、これにより様々な比較が可能になりました。

この調査が画期的なのは、都道府県によって罹患しやすいがんが異なること、また罹患後の死亡率にも罹患のしやすさとは異なる地域差があることを明らかにした点です。

たとえば、東北地方の日本海側では胃がんの罹患リスクが高く、西日本では広く肝がんが見られます。より細かく見ていけば、東京都は乳がんのリスクが突出して高く、北海道では肺がんが多いと言えます。なぜ、こうした地域差が生じるのでしょうか。あるいは、青森県や大阪府ではがんにかかった後に治療の甲斐なく死亡してしまうリスクが他県より高いことが明らかになりました。長野県のようにがんの死亡率を低く抑えることができている県とは、いったい何が違うのでしょうか。

日本の国土はそう広くありませんが、地域によって食文化やライフスタイルは異なり、結果として罹患傾向に差が生まれます。また、診断と治療がスムーズに結ばれているか否かで死亡率に差が生じています。

本書の目的は、がんの「かかりやすさ」や「亡くなりやすさ」を都道府県ごとに概観することで、国、行政、私たち一人ひとりにとっての課題を浮き彫りにすることです。

国立がん研究センターの調査で全都道府県の特徴を徹底解明!
統計が明かす冷酷すぎる現実。

2017年2月16日 8:48  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ