書籍紹介 「歯を疑え!」丸橋 賢 著 

書籍紹介 「歯を疑え!」
丸橋 賢 著 ISBN978-4-344-03858-5

従来の全人医学には、肝要の歯が抜け落ちています。実は歯にこそ生命活動を支える主柱の役割があるのです。しかし、「口の中しか見ない」歯の治療では、患者さんの身心の問題改善どころか、歯の治療さえ難しい。

著者は口の中から全身の健康を向上させる治療を全人歯科医学と名付けて、歯が重要な役割を担っている以下の四つの条件を整える事を重視しています。

(1)食のバランスを整える (2)体のバランスを整える (3)心のバランスを整える (4)運動と休養のバランスを整える

(1)食のバランスを整える
学会が提唱する歯周病の病因はプラーク原因説ですが、それでは治らない歯周病があまりにも多い。そこで、来院患者の実証分析によって、「歯周病になりにくい食」は、カロリー、脂質、たんぱく質が控え目でビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富である事を見出しました。

(2)体のバランスを整える
体の歪みは、体の重心のズレによって引き起こされ、その原因のほぼすべては歯の咬み合わせのズレによって起きる下顎位のズレつまり偏位です。そこで、下顎が上下、左右、前後にどの程度偏位しているかを診断し正中(正しい位置)を定めます。次にその位置に下顎を誘導してシリコンを咬ませ、インスタントのマウスピース(スプリント)を作り、その後の治療を行います。

(3)心のバランスを整える
神経系も血管も脊柱(頸椎、胸椎、腰椎など)に沿って走っていますから、それが曲がると、神経系にも不具合が生じます。中枢神経が歪むと脳の働きも不具合を起こす。また、近年、エピジェネティクスによって遺伝子の働きが、心の状態などによって左右される事も明らかになっています。

(4)運動と休養のバランスを整える
適度な運動は必要ですが、咬むという運動の重要性も決して忘れてはいけません。従って、必要な栄養素が含む食品をジュースにして飲んでも咬む運動が欠落し、体も脳もダメになります。また、早寝早起きに勝る休養法はありません。

原因不明の心身の苦しみ(頭痛、腰痛、手足のしびれ、不眠症、ウツなど)の犯人は「歯」かもしれません!
医療の常識を変える全人歯科医学の力!!

2022年6月16日 8:39  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「胃は歳をとらない」三輪洋人 著

書籍紹介「胃は歳をとらない」
三輪洋人 著 ISBN978-4-08-721197-9

胃が痛い、胸やけがする、食べると重苦しい、酸っぱいものが込み上げる・・・そんな胃の症状で悩む人はとても多い。しかし実は、胃はほとんど加齢の影響を受けない臓器です。胃の不調や疲労は、胃そのものの異常によって起こるのではなく、別の原因があります。胃には、胃潰瘍や胃がん、逆流性食道炎など内視鏡検査をすれば、変化がわかる「器質的疾患」と目には変化が見えないのに臓器の働きに異常が現れる「機能的疾患」があります。現在は、後者の機能的疾患の患者さんが急増しています。

本書では、これら両疾患を総称して「胃不調」と呼び、働き過ぎ、ストレスなどによって一時的に現れる胃の不快感を「胃疲労」と呼んでいます。

それでは、加齢ではない胃の老化をもたらす原因はなんでしょうか。主犯はピロリ菌、共犯が自律神経で、これらに負担を与えて悪影響を及ぼすのが食生活(質と量とタイミング)です。ピロリ菌が発見される以前(約40年前)は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの原因はストレスや生活習慣病とされていました。ピロリ菌がいると自覚はなくてもほぼ100%胃に炎症が生じ、数年すると胃酸を分泌する細胞を破壊し、胃の粘膜が徐々に薄くなり自覚症状のない「萎縮性胃炎」が発生し次に腸上皮化が生じて胃がんの前触れとなります。但し、ピロリ菌を除菌すると、胃酸が活発に分泌され、逆流性食道炎が発症する事があります。

一方、共犯の自律神経のバランスの乱れが原因で、「機能性ディスペプシア」を発症します。ディスペプシアとは、英語で「消化不良」を意味し、医学用語としては、「みぞおちを中心とした症状」として用いられ、機能性ディスペプシアとは「胃の働きが悪くて症状が出ている病気」を意味する病名となります。改善策としてはリラックスやストレスの解消がカギとなります。

消化器内科の権威が「胃不調」と「胃疲労」の謎を解明!!

2022年6月2日 8:50  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「ウィルス学者の責任」② 宮沢孝幸 著

書籍紹介「ウィルス学者の責任」②
宮沢孝幸 著 ISBN978-4-569ー85158-7

前回に続き、今回はmRNAコロナワクチン(ファイザーとモデルナ)を取り扱います。

1.呼吸器感染症のワクチンは、肺が外気と接し、さらに肺胞の表面積は非常に広いため、ウィルス感染をブロックするのは困難です。

2.ADE(抗体依存性感染増強)が生じる可能性が否定できません。
非中和抗体がウィルスに結合すると、
(1)それを食べるマクロファージや樹状細胞のFc受容体を介して、ウィルスが細胞に入り、分解されずに増加する事があります。
(2)そこに、ウィルスに穴を開けて破壊する補体がやってきて、それが細胞を攻撃する事があります。
(3)細胞内にシグナルが入り、サイトカインが作られ、それらが悪さをする事があります。

3.ワクチンはRNAの設計図を脂質二重膜に閉じ込めているため、体内のどの細胞にも入り込めます。

4.そこで、ワクチン既接種者や既感染者はワクチンを取り込んだ細胞が感染細胞と誤認されて免疫細胞に攻撃される事があります。

5.ワクチン接種後に亡くなった方の中で、心臓・血管が死因になっているケースが増加しているのは4との関連性は否定できません。

6.基礎疾患がある高齢者はともかくも、それ以外、特に子供への接種は絶対にやめるべきです(神経細胞のミエリン鞘へのダメージ)。

7.妊婦へのワクチン接種の問題
(1)推奨の根拠となった海外の論文(2021年6月)の結論は既に撤回されています。
(2)母子はエクソソーム(細胞外小胞)によって情報を交換していますが、似た構造のワクチンは血中にも流れており、胎盤がそれを積極的に取り込む可能性があります。
(3)赤ちゃんは生まれると、母親からIgG抗体でウィルスはブロックされますが、数ヶ月後にはIgG抗体はなくなり、自分で抗体をつくります。
(4)そこで、生まれる前からスパイクタンパク質が胎児の血中にあると、生後、ウィルスに対応できなくなっている事も考えられます。
(5)そもそも、妊婦は本人および周囲も警戒して、慎重に行動しますので、感染する可能性は一般の人よりも低いと考えられます。
(6)以上の状況にもかかわらず、多くの産婦人科医が妊婦にワクチンを推奨するのは不思議で仕方ありません。

8.ワクチンは、抗体のみならず細胞性免疫の増強効果もありますが、ウィルスの内側と外側にあるスパイクタンパク質に対するものに限られます。

9.一方、コロナに自然感染するとスパイクタンパク質、外側のMタンパク質、Eタンパク質、内側のNタンパク質や非構造タンパク質に対しても細胞性免疫が働きます。

【結論】
mRNAワクチンの効果に関して、現時点で評価するのはまだ早い。今後、どの様な影響が出てくるか見極めなければならず、最終的にワクチンが逆効果だったという事もあり得ます。

2022年5月26日 8:31  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ