書籍紹介「難病治療はなぜ成功しないのか?」藤田 亭 著

難病治療はなぜ成功しないのか?
藤田 亭 著 ISBN978-4-344-92167-2

本書における「難病」とは、医師が治療に難渋する病気で、厚生労働省で医療費助成の対象になっている難病とは定義が違います。

具体的には、がん、糖尿病、膠原病等の自己免疫疾患、線維筋痛症、慢性疲労症候群等の病気です。町なかの診療所の開業医である著者は、すべての難病の治療を完璧に行うことはできず、大学病院で治療したほうが良いと紹介状を書くこともあります。

ただ、大学病院をはじめとする大病院の一般的な治療では、生活習慣の改善が軽視され、たとえば、食事療法は管理栄養士に丸投げにするという医師が多いようです。実は、病気の治療には食事療法は欠かせません。まさしく、医食同源です。生活習慣を改善せずに、薬の投与だけで行おうとするのは、放漫極まりないと言われても仕方がありません。

また、がんなどの病名告知などで、強いストレスを訴えても、副腎のケアはなされません。米国のある程度資金に余裕がある病院では、どのような病気でも最初に副腎のケアをすることがルーチンになっています。日本の大病院では、そのような知識と認識をもっている医師は非常に少なく、具体的な対策の話しはなく、当然、その前の腸の炎症対策についての説明もありません。特に腸に炎症が慢性的に起きていると、副腎が疲れて、副腎皮質ステロイドホルモンを出さなくなり、その上に難病の告知などで炎症は一層悪化します。

このような状態では、疲労感、睡眠障害、気分の低下、ホルモンの異常症状が出ます。一方、著者は、初診時に副腎皮質のチェック、食事療法と睡眠のとり方、また高血圧や腎臓病がある人には、塩分制限の仕方についての資料を渡します。新しい医療ニュースに基づく、生活習慣の改善や、それを基礎とするAWG(段階的波動発生装置)、活性水素吸引といった最先端の医療機器とサプリメントを用いた診療の工夫や提案を行っています。

大病院から見捨てられた患者の救済に20年間取り組んできた「下町の名医」が伝授!患者自身の力で難病に打ち勝つ知恵。

2020年3月19日 8:48  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「日本人の病気と食の歴史」奥田昌子 著 

日本人の病気と食の歴史
奥田昌子 著 ISBN978-4-584-12588-5

食生活や心のありようを含む生活習慣を正さない限り病気の根は残ります。本書は以下の様に縄文時代に始まり、時代を追って進んでいきます。

第1章 医術もまじないも「科学」だった(縄文時代から平安時代)
木の実を主食にクルミ・魚・貝も米も食べていた縄文時代。米などの穀物が主食となった弥生時代。肉食をやめ、牛乳を飲んでいた奈良の貴族たち。肉食禁止令を厳守したために見た目に反して不健康な食事の平安時代。縄文人の寄生虫感染、弥生人の結核、古墳時代の伝染病(病名不明)、奈良時代の天然痘、マラリア感染と脚気、平安貴族の糖尿病。平安時代には薬草の投与・鍼・灸なども使用したか、まじないも行う。

第2章 食べて健康になる思想の広がり(鎌倉時代から安土桃山時代①)
鎌倉時代から室町時代にかけて一日三食の習慣が広がる。同時に和食の基礎が定まる。

第3章 天下取りの鍵は健康維持(鎌倉時代から安土桃山時代②)
味噌と醤油がほぼ完成し、魚から動物性タンパク質、大豆と穀物から植物性タンパク質を摂取。安土桃山時代には食が多様化し、生を完成するために食養生を実践。南蛮から梅毒が入り、脳卒中も発生。

第4章 太平の世に食養生が花開く(江戸時代)
白米を食べすぎ、室町時代に減った脚気、インフルエンザ及び最大の死因の一つとなる天然痘が増加。一方、社会が安定し、生活に余裕が生まれ、人々の関心は健康維持に向かう。

第5章 和食を科学する時代が始まる(明治時代・大正時代)
肉を食べるようになった明治時代。食が多様化し、ちゃぶ台が登場する大正時代。江戸時代の中後期に始まった西洋医学に明治政府は舵を切る。

第6章 和食の“改善”が新しい病気をもたらす(昭和時代から現代)
三種の神器やプロパンガスや都市ガスの普及で食事内容や食べ方も変化。肉や牛乳の定着により脳梗塞、糖尿病、大腸がん、乳がんの発症と死亡率の増加。

日本人を長寿にした「和食道」1万年と忘れてはならない「養生の知恵」!!

2020年3月5日 8:42  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「患者よ、医者から逃げろ」夏井 睦 著 

患者よ、医者から逃げろ
夏井 睦 著 ISBN978-4-334-04438-1

現在、熱傷治療(ヤケドの治療)の現場では全く異なる2つの治療が行われている。

一つは、従来から行われている「消毒、軟膏、ガーゼ」による標準治療で、大学病院や総合病院などで熱傷専門家が行なっている治療だ。

もう一つが、著者が提唱した「消毒しない、軟膏もガーゼも使わずに創傷被覆材で治す」浸潤療法であり、治療をしているのはそれまで熱傷治療をしたことがない開業医だ。

前者の特徴は「治療が拷問級に痛い、痕が残る、皮膚移植手術が必要であり、後者の特徴は「痛みがない、痕が残りにくい、手術は不要」である。要するに全く正反対の治療が並行して行われているのだ。しかも、身も蓋もない言い方をすれば、この前者の標準的治療は全てインチキで嘘である。熱傷はどんなに深くても皮膚移植なしに治るし、きちんと治療すれば傷のひきつれは滅多に発生しない。おまけに、感染すると命が危ないというのは大昔の話で、細菌感染しても抗生物質を飲めばすぐに治る。また、皮膚移植できれいな皮膚に戻るというのも嘘なら、皮膚採取部(背中やお尻)の傷跡がきれいに治るというのも嘘だ、それらは何年経ってもきれいにはならないのだ。いわば、医者たちは嘘の説明をして、手術に同意させて皮膚移植手術をしているのだ。その結果、患者と家族は地獄に叩き込まれるのだ。

皮膚移植で1週間後に退院した患者は何を得るか。彼らは皮膚移植から得るものは移植した皮膚の収縮による運動障害、移植皮膚の醜形、移植した皮膚に知覚がなくて生活に不便、などのデメリットだけで、メリットは何一つない。だから、熱傷治療が終了し、傷が治っても患者のQOLは低いままであり、下手をするとまともな社会生活が送れなくなる。

「もしも、ヤケドで大病院に運ばれたら・・・」
怖いのは疑うことを知らない“善意の”医者たちだ!!

2020年2月20日 9:02  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ