書籍紹介「寿命の9割は「便」で決まる 」中島 淳 著

寿命の9割は「便」で決まる
中島 淳 著 ISBN978-4-7973-9758-1

本書でいう便秘とは、旅行中に急になったり、体調をくずして一時的になったりという一過性のものではなく、6ヶ月以上症状が続く慢性便秘です。具体的には、まず排便回数が週3回未満なら便秘とみなされます。さらに、残便感があるために1日に何回もトイレにいかなければならなかったりといった症状も便秘に入れられます。つまり、便秘は「排便回数の減少」と「排便困難症」の2つの症状を指します。

日本には、このような症状で悩んでいる人が1,700万人いると推測されています。じつに7人に1人以上の割合で、便秘はいまや「国民病」ともいえます。便秘でトイレで強く力むことで、心臓発作や脳梗塞、くも膜下出血などを起こし、命を落とす方も少なくありません。便秘は若い女性のかかるもの、との一般的なイメージとは異なり、もっとも多いのは70歳以上の高齢者です。一方で、日本の医者たちのほとんどが明治時代から今日にいたるまで「便秘は病気にあらず」という態度で患者さんに接してきています。便秘を引き起こす原因のほとんどが生活習慣にありますので、便秘の予防と改善の主な具体策は以下のようです。

(1)食生活を見直す
まず、必要量を食べることから始まり、次に食物繊維、特に水溶性の食物繊維を多く摂る。さらに、脂肪を豊富に含む食品をきちんと撮り、同時に水を(1日2リットル)飲むことをおすすめします。

(2)運動を行う
腹筋と、恥骨直腸筋や肛門括約筋を含む骨盤底筋群というインナーマッスルを鍛える。

(3)世界基準を満たした新薬や漢方薬を使用する
高マグネシウム血症になる可能性のある酸化マグネシウムと習慣性・依存性・薬剤耐性があるセンナ系は避ける。

(4)バイオフィードバック法といわれる専門施設でトレーニングを受ける

たかが便秘と侮ってはいけない。
そのままでは命を落としかねない!!

2019年2月7日 8:50  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「患者の心がけ」  酒向正春 著

患者の心がけ
酒向正春 著 ISBN978-4-334-04335-3

日本の医療体制は、2000年から大きく変化しています。それは、回復期リハビリテーション医療と呼ばれる制度が新しくできたことによるものです。

一体、何がどう変わったのでしょうか。

まず、病院は急性期、回復期、慢性期の大きく3つのカテゴリーに分けられることになりました。その真ん中の回復期に、患者さんの1日も早い在宅復帰、社会復帰を支援するリハビリテーション(以下、リハビリ)を集中的に行うため回復期リハビリ病院ができたのです。

ある人が脳梗塞で倒れ、救急車で運ばれたとしましょう。手術をするために入院するのは、急性期病院。その後、リハビリのために入院するのが、リハビリ病院。そして、退院して家から通うのが慢性期病院です。しかし、現在は、急性期病院にいられるのは2週間以内という期限が目安になっています。そして、その後リハビリが必要になったときにリハビリ病院に入院できる期間は病名に応じて発症後1~2ヶ月以内でリハビリ病院には6ヶ月以上はいられない事になっています。

本書は、脳外科医で現在は脳リハビリ医である著者が、リハビリを軸に、患者さんとその家族の病院との関わり方、チーム医療の価値とホスピタリティの大切さを述べています。まず、心がけの良い患者さんの方が治る可能性が高いため、次の3つの心がけの大切さを示しています。

(1)患者さん自身が「回復したい」という意思を明確に持つこと
(2)担当の医師を信頼すること
(3)本人だけでなく家族にも(1)(2)が必須であること

チーム医療でのポイントは、多くの職種の医療スタッフがいる中で、患者さんに何が必要で、人材をどのように配置すればうまく行くかを医師が調整すること。さらに、高いホスピタリティの実現のためには、入院前面接を行い、患者さんと家族がどのような方なのか、ということを注意深く確認することが重要であると述べています。

良い医療、良い治療を見分けるには?多くの患者さんに奇跡をもたらした脳リハビリ医が語る、医療の真髄と回復への近道!!

2019年1月24日 8:28  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣 奥田昌子 著

「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣
奥田昌子 著 ISBN978-4-413-04553-7

日本人は体質的に、動脈硬化になりにくい、内臓脂肪が蓄積しやすい、アルコールに弱いなどの特徴があり、人種(体質)が変われば、長寿の秘訣も変わります。

日本人は古代から、自分たちの健康長寿に役立つ食と生活習慣を追い求め、知恵や教訓として受け継いできました。近年、100歳を超える百寿者の数が増えたことで、長寿者に共通する生活習慣の研究が進んでいます。さらに、遺伝学の急速な発展は長寿の解明につながる医学データの蓄積をもたらしました。

本書は、現時点で明らかになっている知恵と知識と情報をときほぐし、そこから、健康寿命に役立つことが科学的に裏づけられた以下の4つの習慣を選び出しました。

(1)第一の習慣
魚を中心とする動物性タンパク質と、大豆、海藻、緑黄色野菜をしっかり食べること。

(2)第2の習慣
腹八分目を続けること。食べ過ぎて内臓脂肪が増えると脂肪の燃焼を助けるアディポネクチンが少なくなります。余分な内臓脂肪がなければアディポネクチンが多くなり、日本人の弱点を克服できます。

(3)第3の習慣
有酸素運動を続けること。有酸素系運動により、動脈硬化を予防、改善すれば、慢性炎症を抑えて老化を遅らせられる可能性があります。

(4)第4の習慣
人生に前向きに取り組むこと。考え方を変えるのは単なる気休めではなく、健康寿命と平均寿命を延ばします。

20万人の健診結果と最新医学データで浮かび上がった100歳を超えても元気な人の「4つの習慣」とは!

2019年1月10日 22:01  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ