書籍紹介「医学不要論(修正・再編集版)」 内海聡 著

医学不要論(修正・再編集版)
内海聡 著 ISBN978-4-331-52152-6

本書には、世の中でいう「陰謀論」めいたことが書かれているが「陰謀論」ではなく、確かにそこに存在する「思惑」であり「事実」である。それは医学に疑問を持ち、自ら調べようとした人にしか決してわからない。この世のすべてが洗脳に近い状態にあることを、ほとんどの人は理解することができない。

その意味において、本書の目的とは、あなたの医学洗脳を徹底的に破壊することである。

具体的内容の一部は以下の通りである。

1.本当の医学とは本質的な治癒をもたらすものであり、それ以外は医学とは呼ばない。病院に行かなくても済む状態になることが治癒であり、それ以外は治癒とは呼ばない。

2.先進国において最も多い病気であり死因であるものは「医原病」である。現代医学のほぼすべてに科学的根拠はなく、それが対症療法(アロパシー医学)を生み出すもととなる。

3.現代医学が病気として扱っている症状の定義は、そのほとんどが間違っているといってよい。それらの原因や因果関係がはっきりしないものばかりで、病気についての定義となりえない。

4.社会毒(昔は人が食べたり使ったりしなかった物質、そしてそれが人体に悪影響をもたらす物質の総称)はすべて排除することは難しいが、それを排除しない限り、いくら医学や薬学や栄養系や他のものに知恵を絞っても、決して人々に健康が訪れることはないだろう。

5.血圧の嘘、コレステロールの嘘、そして降圧剤や高コレステロール薬の嘘を知るべきである。それらはほとんどの場合必要ない。

6.ガンで死ぬ人と末期ガンでも助かる人、この最大の差は調査力の差であり、疑う力の差である。

7.医学不要論ではワクチンを重視するか、どのようなワクチンであっても現行のものはすべて無駄であり有害であると断言して構わない。
        ・
        ・
        ・
「食べもの」「精神の持ち方」「排毒」で病気は大幅に改善する!!
本書を読んで、あなたが支持するのは著者?それとも医学?

2018年8月16日 8:35  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「“見えない病”の治し方」 根来秀行 著

“見えない病”の治し方
根来秀行 著 ISBN978-4-86029-473-1

私たちの健康や若さは「体内時計」「自立神経」「ホルモン」「毛細血管」の4つが有機的につながり、影響を与え合いながら、絶妙のバランスの上に成り立っています。

この4つの要素を正常に働かせることこそ、健康長寿の秘訣。

そして、その基本は「規則正しい生活」「睡眠」「食事」「運動」です。病を治すことは大変重要ですが、そもそも病にならないことが最も重要です。病にならない方法を応用することで、病になるどころか最高のパフォーマンスを発揮することも可能になります。生活習慣の柱になるのは「体内時計のリズムに沿った生活ができているか」です。朝、日光を浴びると体内時計がリセットされ、およそ15時間後から体は入眠の準備をはじめます。その時、毛細血管に血液を流す方向に切り換えていくことが大事ですが、そのためには副交感神経を高めつつ、就寝前にリラックスする必要があります。昼間の興奮が尾を引き、交感神経が高い状態が続いている場合は、ゆっくりと湯船につかり、呼吸法やストレッチを取り入れて副交感神経を優位にします。そうすることで睡眠に必要なホルモンが全身に行き渡ていきます。

もちろん、偏りのない食事や適度な運動も大切な要素であり、喫煙や過度の飲酒、ストレスなどは避けられるべき要素になります。体の不調や疲労、不眠などのトラブルがあるとき、これらの要素に不具合はないのか、自分の体の声に耳を澄ませて生活習慣を見直すところから立て直しを図っていくことが健康への近道になります。

健診で見つからない隠れた病気を隠れたうちに治す!!

2018年8月2日 8:50  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「やってはいけない健康診断」 近藤 誠 和田秀樹 共著 

やってはいけない健康診断
近藤 誠 和田秀樹 共著 ISBN978-4-7973-9361-3

職場健診、人間ドック、集団がん検診。どれも日本だけの「奇習」で、命を縮めることが分かっています。元気なのに検査で“がん”“高血圧”などが見つかって一生クスリ漬けになる。手術で苦しむ。ストレスで不眠やうつになる。バカバカしい、の一言です。僕は医者ですが、40年間、健診を受けていません(近藤 誠)。

いまや医療ビジネスのターゲットは、お年寄りではなく老化が気になり始める40~50代。健診を強要し、メタボと脅してやせさせる。うさんくさい「正常値」「基準値」で治療に追い込む。すべて、カネになる「患者」を量産するワナです。健診は不幸の始まり、と肝に銘じてください(和田秀樹)。

本書は、日本の医療を憂える近藤・和田の両氏が、過剰な医療介入を避け、寿命を縮めないために知っておくべきことを語っています。例示をすると以下のようです。

(1)医者たちは「無効」とわかっている検査と治療をやめない
欧米には日本のような制度としての、生活習慣病の健診は存在しませんが、クリニックの外来などで高血圧や高血糖を見つけると日本と同様に健康人を「病人」に突き落とし、クスリを飲ませ、人々は本当の病気になっています。

(2)医学部と製薬会社がつくった正常値神話
両者のズブズブの関係から新しいクスリがどんどん生まれ、それを売りさばくために「正常値」「基準値」がつくられ、低い方に低い方に操作されています。

検査の異常値の多くは、そもそも本人の「個性」である!!
医者が絶対に言わない「不都合な真実」。

2018年7月19日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ