書籍紹介「臓器たちは語り合う 」丸山優二 NHKスペシャル「人体」取材班

臓器たちは語り合う
丸山優二 NHKスペシャル「人体」取材班 ISBN978-4-14-088587-1

本書のコンセプトは「人体は巨大なネットワークである」というものです。これを別の言葉で言うと「臓器同士、細胞同士は互いに語り合っている」となります。これまで人体は「脳」が全身を支配し、その他の臓器はそれに従っているというイメージがありました。しかし今では、私たちの体はメッセージ物質であふれ、臓器同士、細胞同士は脳を介さず連携し、そのネットワークが人体を機能させているという考え方に大きくシフトしています。

例えば
(1)心臓がANPを出し、①腎臓に「尿を増やせ」②血管に対しては「血管を拡げろ」③「血管の内側をきれいにしろ」というメッセージとして働いています。さらに、心臓自身にも働きかけて④「がんの転移を防ぐ」可能性が高いのです。

(2)腎臓が血液中の酸素が減ったことを検知し、エポ(EPO)というメッセージ物質を出し骨髄に①「赤血球の増産を促す」レニンの分泌によって②「血圧の調整」さらに、糸球体からの原尿を尿細管で再吸収して③「血液の成分調整」をしています。

(3)脂肪組織がレプチンを分泌して食事をコントロールし①体重を安定させています。さらに、炎症性サイトカイン(アディポカイン)の「TNF-α」や「インターロイキン」により②免疫細胞を活性化させたり③「慢性炎症」を引き起こします。

(4)骨が出す「オステオカルシン」は「若さを保って」、「オステオポンチン」は「免疫力をアップ」というメッセージとして働いています。

以上のようなネットワークの性質として①メッセージ物質の多くは「引き戻す力」であり②一部に負荷がかかっても全体で受け止め③冗長性があるため一部が壊れても大きな影響は出ないか、重要な結節点(ex.腎臓)が壊れると大きく形を変える。つまり、病が重症化します。

“すべての細胞がメッセージを出し合うことで、私たちの生命は維持されています。従って、受け取る側の細胞がメッセージ物質を受け取る専用の受容体を作らなければ、メッセージ物質は素通りします”

2019年10月17日 9:02  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「子育てのきほん」佐々木正美 著

「子育てのきほん」
佐々木正美 著 ISBN978-4-591-16121-0

子育てで何より大切なのは「子どもが喜ぶこと」をしてあげることです。そして、そのことを「自分自身の喜び」とすることです。子どもは、可愛がられるからいい子になります。可愛い子だから、可愛いがるのではないのです。いくら抱いても、いくら甘やかしてもいい。たくさんの喜びと笑顔を親と共にした子どもは、やがて人の悲しみを知ることができるようになります。誰とでも喜びと悲しみを分け合える人に成長するでしょう。これは人間が生きていくうえで、最も大切な、そして素晴らしい力です。

(1)悲しみを分かち合う力は意識的に「育てる」ものではなく、子どもが喜ぶことを喜んであげるなかで、喜びを親子で共有することしか育ちません。他者の心の痛みや悲しみを理解する「思いやり」は、共に喜び合うことを知って、初めて育っていくものなのです。

(2)親子、先生と生徒、医師と患者、はどんな関係でも「与え合う」ことが最高の人間関係です。従って、母親が幼い我が子と一緒にいることを幸せだと感じていれば、その幼子はお母さんと一緒にいることが何よりも幸せだということです。

(3)子どもの話を聞くことと、質問することは違います。問い詰めずに、子どもに話させてやって下さい。子どもは、そんなに簡単に「今、どんな問題があるのか」「何がイヤだと思うのか」なんてことを答えられるはずがありません。大事なのは、それがどんなに論理的でなくても、めちゃくちゃでも、耳をじっと傾けて、何をして欲しいかをくみ取ろうとしてあげなさい。

(4)親は「教育者」になってはいけない。これは絶対にいけない。親は保護者です。絶対的な保護者であって欲しい。

(5)子どもには、まず、母性的(容認)なものを先に十分に与え、その後から父性的(しつけ)なものを与えるべき。母性と父性は「バランス」ではなくて「順序」が肝心だということ。

親が望む子どもに育てるのではなく、子どもが望む親になって下さい!!没後も愛され続ける児童精神科医からのメッセージです。

2019年10月3日 8:43  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「知ってはいけない薬のカラクリ」 谷本哲也 著

知ってはいけない薬のカラクリ
谷本哲也 著 ISBN978-4-09-825344-9

実は製薬会社が一般の患者に向けて処方薬の宣伝を直接行うことは、政府により禁じられています。

処方薬は、正式には医療用医薬品と呼ばれます。医療用医薬品は、薬として効き目が強い反面、副作用にも注意が必要です。そのため、医者が診察した上で、数ある薬の中からどれがいいのか選ぶ必要があるということになっています。

つまり、処方薬選びは、医者の裁量が大きく、仕組み上、製薬会社の取引相手は患者ではなく、医者になっているわけです。そこで、処方薬を売る製薬会社は潤沢な資金力を使って、患者の目に触れないところで、医者向けにさかんに宣伝活動を行っています。それを象徴的に示しているのが、新薬の説明会で製薬会社が医者に無料で配る「高級弁当」です。しかし、薬の宣伝のために、考えられないくらいもっと大きなお金が動いています。多くの医師を集めてしばしば新薬の治療成績について説明が行われますが、大学教授がその新薬の“広告塔”となり、多額の謝礼金が支払われています。さらに、驚くべきことに製薬会社から薬価の算定委員にも多額の謝礼金が提供されていることも分かりました。

このような「白い巨塔の金脈」を明らかにしようと取り組んでいるのが、本書で紹介されているマネーデータベース「製薬会社と医師」プロジェクトです。探査ジャーナリズム活動を行う「ワセダクロニクル」と「医療ガバナンス研究所」に関係する著者たち医師グループにより製薬会社から医者個人へ流れるお金を調査報道によって明らかにし、分析を加え、日本初のデータベースをインターネット上で公開されています。

本書ではマネーデータベース「製薬会社と医師」プロジェクトから分かった知見を紹介するととともに、あなたの代わりに医者が薬を選ぶ背景について、つまり医者が処方薬を選ぶまでの裏側を分かりやすく解説しています。

現役医師が勇気をもって明かす“不都合な真実”

2019年9月19日 8:41  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ