書籍紹介「病院に行く前に読む本」千田金吾 著 

病院に行く前に読む本
千田金吾 著 ISBN978-4-344-92041-5

患者と医者はどちらも病気を良くしようと懸命に努力をしているのに、結果的に行き違いが生じてしまうのはなぜなのでしょうか。

医者の仕事は100-1=0であって、それゆえに、医者は一つのミスも許されないという気持ちで診療に当たっています。このため患者を救うという目的のために、これまで医者は次のように考えがちでした。

それは「病気を治すためならば、患者さんに多少は無理を強いたりすることがある」とか「情報は共有すると良い類のものもあるけれど、独占すべき時もあるのだ」というものです。

著者が内科の医者として長年にわたって臨床に携わってきた中で、最も反省すべき点は、患者と医者の間の「情報の非対称性(情報格差)」があまりにも大きいことに思いを馳せてこなっかったことです。この情報の格差が最適な機関や治療法の選択を妨げ、時には医者への不信を生むことがあります。

情報の格差を埋めるべく何らかの対処法はあるのか、問題解決のヒントはあるのか、ということを本書は考案しています。しかし、その話を進めるにあたり、日本人の特性を自覚した方が良いと思われます。なぜなら、国民性そのものが医療システムを決めているからです。

それは、
(1)考え方が合理的・論理的でない
(2)物事の指示が具体的ではなく精神論的
(3)お上至上主義
(4)欧米病や世界標準という言葉に弱い
(5)しかし、日本基準を固執する

以上の日本人の特性を自覚した上で、本書は医療現場の裏側を惜しげもなく公開し、病院で満足のいく治療を受けられるコツを伝授。加えて症状別の対処法や気になる医療知識も網羅しています。賢く治療を受けるための100の提言。

病に勝つには医者を知れ!!

2019年6月20日 8:59  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「本当はこわい排尿障害」 高橋知宏 著 

本当はこわい排尿障害
高橋知宏 著 ISBN978-4-08-721063-7

膀胱の構造は、次の3つに分けることができます。
(1)膨らんだり収縮したりするタンクである膀胱本体(膀胱体部)
(2)膀胱の出口にあたる膀胱頸部
(3)膀胱の出口付近から尿道へ伸びるセンサーでかつ原動機である膀胱三角部

膀胱本体は一定の量まで尿を溜め膨らみ、脳中枢の許可が下りると、膀胱を収縮させながら膀胱の出口を開き(膀胱頸部がゆるんで開く)尿を尿道に押し流して排尿します。排尿障害の患者さんは、様々な原因でこの膀胱頸部が十分に開かなくなり排尿障害になります。そして、膀胱頸部が十分に開かないために膀胱炎の症状が現れていることがわかります。

では、なぜ膀胱頸部が十分に開かなくなるのかといえば、その一つの原因は膀胱三角部が敏感になりすぎたり、あるいは変形してしまうからです。膀胱三角部を支配する神経は他の二者より、はるかに鋭敏で、他の二者が鋭く反応しないような小さな刺激であっても実に鋭く反応します。そのため膀胱本体に尿が溜まってくると、膀胱が膨らんで内圧が高っまたという情報を最初に感知するのは膀胱三角部になります。

また、膀胱三角部は共同して働き、膀胱の出口を排尿しやすい形状にします。しかし、膀胱三角部が過敏になると、膀胱に少しでも尿が溜まると排尿したいという情報を発信し、頻尿になったり、膀胱三角部が何らかの原因で正常に収縮しないと膀胱の出口は尿を排出しやすい形状になりません。つまり、十分開かなくなります。それでも尿を無理に出そうとするため、膀胱三角部と膀胱頸部は変形し、コントロールできなくなり、膀胱の出口がますます開かなくなります。

このようなプロセスにより排尿障害になると、膀胱や前立腺、尿道から脊髄中枢へ発信される情報が混乱したり、多くなりなりすぎ、脊髄中枢の様々な神経を刺激して、脳の情報処理を誤らせるので、身体のあちこちに痒み、痺れ、痛みなどの症状が出てくることになります。泌尿器科の専門医が解き明かす膀胱と排尿の秘密。

その陰部の痒み、排尿障害かもしれません?!

2019年6月6日 8:51  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「老いと記憶」増本康平 著

老いと記憶
増本康平 著 ISBN978-4-12-102521-0

加齢が脳に及ぼす影響で不思議なのは、年齢とともに脳全体に均質に変化がみられるわけではない事です。顕著に萎縮する場所とそれほど萎縮しない場所が存在します。

前頭前野の体積が加齢とともに最も萎縮し、次いで、海馬を含む側頭葉、頭頂葉、後頭葉の順に萎縮がみられます。加齢にともなう脳の変化には、このような神経細胞の減少にともなう萎縮と、もう一つ、シナプスの密度の低下があります。シナプスの密度の変化は特に前頭葉で顕著です。シナプスの密度の減少と認知機能低下は同時期に生じることから、神経細胞そのものの減少よりも、神経細胞間のネットワークの減少が認知機能の低下の原因であることが指摘されています。

なお、加齢とともに衰える記憶機能は二つです。一つは、短期記憶の「ワーキングメモリ」と呼ばれる複雑な思考や並列的な作業を担う記憶です。もう一つは長期記憶の「エピソード記憶」と呼ばれる過去に出来事の記憶です。但し、エピソード記憶の低下は全てのエピソードにみられるわけではなく、5年以内の比較的最近の出来事で顕著にみられます。

一方、私たちが経験したことを記憶し、それを思い出すためには、経験を情報として頭に入力し(符号化)、その情報を保持して(貯蔵)、保持した情報から必要な情報を思い出す(検索)という3つのプロセスを経る必要があります。年をとると特に低下するのは、情報の入力と検索のプロセスです。その理由は、加齢にともなう萎縮が顕著な前頭前野が、その両者のプロセスを担っているためです。

以上のような背景を前提として、本書は、高齢者心理学の立場から、若年者と高齢者の記憶の違いや、認知機能の変化など、老化の実態を解説。気分や運動、コミュニケーションなどが記憶に与える影響にも触れ、人間の生涯で記憶の持つ意味をも問うています。

加齢をネガティブに捉えず、老いを前向きに受け入れるヒントが見えてくる!!

2019年5月23日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ