書籍紹介 「認知症」 伊東大介 著 

認知症
伊東大介 著 ISBN978-4-06-29153-7

認知症の大半はもの忘れが始まりで、5~10年かけて進行し10年以内に認知症に進んでしまいます。10年ほど前から話題になっている軽度認知障害は認知症の一歩手前の状態、いわゆる「認知症予備軍」のことを言います。同年代の人よりももの忘れが著しいが、まだトラブルを起こすほどではない状態です。この状態から5年以内に半分の人が本当の認知症に進行することもわかってきました。

また、最近では認知症になる15~20年前から脳の異常(ゴミの脳内蓄積)が先行していることもわかってきました。ほとんどの認知症は65歳以上の高齢者に発症しますので、認知症の原因であるこのゴミの蓄積は働き盛りの40代、50代から始まっている人もいるのです。こういった人はまだもの忘れは目立ちませんが、ゴミの蓄積が始まっていて、いわば「認知症予備軍の予備軍」ということになります。

最近になり、この状態はもの忘れが出る前のアルツハイマー症という意味で「プレクリニカル・アルツハイマー病(本書ではプレクリニカル認知症)」と呼ばれ認知症を代表するアルツハイマー病の予防対象として注目されています。

これまで認知症予備軍のうちに生活習慣の改善などを行って対応すれば、認知症は防げるし、軽度認知障害は改善すると言われていました。しかし、最近の研究では、認知症予防は経度認知障害になってからではなかなか難しく、プレクリニカル認知症の段階で行うことが重要と考えられるようになりました。そして、さらに効果的なのは、プレクリニカル認知症になる前の段階、脳のゴミがたまっていない40代から始めることと考えられるようになっています。

本書では、医学的に認められていること、効果か科学的に証明されている予防法や治療、最近情報ができるだけわかりやすく紹介されています。

専門医が教える最近事情!!

2018年4月19日 8:35  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「近藤誠がやっているがんにならない30の習慣」 近藤誠 著

近藤誠がやっているがんにならない30の習慣
近藤誠 著 ISBN978-4-8002-7787-9

本書は「どうせ死ぬなら、がんよりも老衰死」のすすめです。

タイトルの「がんにならない」には「がんを遠ざける」ことに加え「検査を受けず、がんを見つけない」「がんを忘れる、無視する」「がんの治療をしない」という意味も含めています。この30の習慣は、いちばんラクに、穏やかに、長生きする秘訣でもあります。

固形がん(がんの9割を占めるかたまりをつくるがん)は、見た目はソックリでも、くっきり2タイプに分けられ、著者はそれを「本物がん」と「がんもどき」と呼んでいます。

がんの大本は、たった1個の「がん幹細胞」です。幹細胞に転移能力があるのが「本物のがん」。これは生まれて(1ミリ以下)すぐに血流に乗って、肝臓や肺、骨、脳などにちらばって転移か、潜みます。だから本物のがんは、いくら手術や抗がん剤治療をしても転移が出てきます。むしろ治療によって、がんが暴れだして命を縮めることが多い。

一方「がんもどき」は幹細胞に転移能力がなく、命を奪いません。放っておくと、大きくならなかったり、消えてしまうこともよくある。従って「本物」「もどき」を問わず「目に見えるがんを切り取ろう、叩こうとする治療には意味がない」ということです。

固形がんは「本物」も「もどき」もなるべく放置して様子を見て、緩和ケアをしっかりする。つまり「治す」ことではなく「症状をとる」ことに徹する。それがいちばん苦しまず、お金もかからず、延命につながる方法です。

本書はやらなくていい治療を受けて死んだり、味わう必要のない痛みや不自由に泣かないための「がんにならない・見つけない・治そうとしない」必得集です。

無理せず長生き「近藤ルール」の提案!!

2018年4月5日 8:39  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「健康格差」 NHKスペシャル取材班

健康格差
NHKスペシャル取材班 ISBN978-4-06-288452-5

社会保障は、国がすべての国民に最低水準の生活を保障するため、国民の所得に応じて徴収する税金や保険料を財源に、再配分する形で行う政策である。

ところが今、頼みの綱である社会保障が曲がり角に差し掛かっている。戦後、日本の社会保障は経済成長、雇用の安定、家族形態、地域社会の4つの条件が揃ったことからうまく機能していたと考えられる。しかし、経済が停滞し、少子高齢化が進行し始めると、セーフティネットからこぼれ落ちる人たちが出始める。雇用の安定が崩れ、非正規雇用者が全体の4割に迫る状況まで激変。家族の形態も様変わりした。バブルの崩壊、リーマン・ショック、東日本大震災を経て日本社会は、社会保障制度を構築した当時の状況から一変。安定し、将来が計算できる社会から、雇用、病気、貧困、離婚など、一度社会でつまづいてしまうと立ち直りづらい、いわば「罠」(わな)が張り巡られたような不確実性の高い社会になってしまった。こうした「罠」に陥った先に「健康格差」があり、この状況を打破する処方箋を本書は探っている。

一見「健康格差」は、「自らの健康管理を怠ったゆえの自業自得」と捉えられることが少なくない。しかし、これは一部の人たちが不利益を被るという単純な問題ではない。「健康格差」を放置すれば、医療費や介護費の増大を招くだけでなく、破綻寸前にあると揶揄される日本の国家財政をさらに圧迫する。従って、いわゆる「自己責任論」で切り捨てても、結局は社会全体の問題として「しっぺ返し」のような形で、国民一人一人にのしかかってくる問題なのだ。

寿命って自己責任ですか?老若男女、誰もが当事者になり得る「命と健康のほんとうの問題!!」

2018年3月15日 8:52  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ