書籍紹介「歯医者さんが書いた〈歯は治療するな〉」武田 貢 著

歯医者さんが書いた「歯は治療するな」
武田 貢 著 ISBN978-4-331-5220-2

著者が歯を治療しないでという理由は、大きく分けると以下の3つです。

1.一度、歯を削ると最終的には歯を失う方向に向かうからたとえ、削ったところを、詰めたりかぶせたりといった治療をしても、一度削った歯は天然の歯より弱く、虫歯になりやすいからです。また、クラウンをかぶせる治療をした場合、神経を取ることも多く、神経を取った歯は死んだ歯で、歯ぎしりや食いしばりなどで割れやすくなります。さらに、歯がなくなるとアゴの骨も喪失し、入れ歯もインプラントも難しくなります。従って、できるだけ歯を抜かないことがポイントとなります。

2.虫歯を治療するより原因を除去する方が大事だから、昔の虫歯治療は「早期発見・早期治療」でしたが、今は「早期発見・定期観察」です。虫歯を発見してもすぐに削るのではなく、虫歯になった原因を取り除くことで進行を止めるという考え方。従って、進行していない虫歯は治療する必要はありません。なお、虫歯の原因の多くは白砂糖。特に大量の砂糖が入ったお菓子や飲み物が原因です。極論すれば、砂糖を食べなければ歯磨きをしなくても虫歯になりません。ただし、歯磨きをしないと歯周病になります。

3.虫歯や歯周病にならないように予防することが大切だからまず、虫歯から歯を守るためにやるべきことは①虫歯菌の繁殖を防ぐ。虫歯のエサとなる糖分を口の中になるべく入れないこと ②口の中(口腔内環境)を常に正常な状態に保つ。間食する時間を決めて食べ、食べた後は、必ず歯磨きをする。 ③歯そのものを強くする。夜寝る前にシュガーレスで、しかもキシリトールの入っているガムを噛み歯の再石灰化を促す。

一方、歯周病の予防は①正しいブラッシング ②歯周病を進行させる悪い習慣を改める(ex.間食、タバコ、ストレス、不規則な生活) ③定期的に歯医者さんで歯垢や歯石を取ってもらう。

歯を削るのは命を削ると同じ、歯周病は認知症や動脈硬化を招く!!

2019年8月22日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」 近藤 誠 著

がん治療に殺された人、放置して生きのびた人
近藤 誠 著 ISBN978-4-7678-2550-2

「早期発見・早期治療でがんは治る病気になった」と言われ始めて数十年。
この国では「がんは小さいうちに見つけて取れば治る」と、みんなも信じています。そして、早死にしないために健康診断や、がん検診や、人間ドックを受けています。でもおかしいと思いませんか。

欧米には職場健診なんてないし、胃がん検診も肺がん検診も「延命には役立たない」と、行われていません。

国をあげて早期発見に励んできたのに、1981年から40年近く、がんは日本人の死因1位。ちっとも「治る病気」になっていません。日本人の2人に1人は、いつかなにかの形で「がん」が見つかります。しかし、同じようにがん宣告されて治療をしても、転移が見つかって亡くなる人と、ずっと元気な人、くっきり運命が分かれます。なぜだと思いますか?「本物のがん」と無害な「がんもどき」があるからというのが著者の結論です。

本物のがんは最初から転移が全身にひそむから、切ると暴れて再発が早まる。一方、がんもどきは転移する能力がなく人を殺さないから治療は体を傷めるだけソン。がんの9割は基本ほっといて、症状だけ抑えるのがいちばん安全に長生きできる。これを著者は「がん放置療法」(血液がんは除く)と名づけています。

実は「がんを早く見つけて治療すれば命が延びる」という証拠はなく、検診を受けた人の方が、自殺・事故も含めて早死にしやすいというデータは数多くあります。また、欧米では乳がんのマンモグラフィや、前立腺がんのPSA検診も、廃止が検討・勧告されていますが、日本はいまだに早期発見イケイケ状態。まるで鎖国です。ただ、実際に「がん」が見つかると、人間「なにもしない」のは不安で、夜も眠れなくなったりしやすい。だからまずは、検診や人間ドックを受けないこと。「がんを放置した場合」「早期発見・早期治療した場合」のその後を実例をもとに検証!

がん治療を考える前に必ず読んで下さい。

2019年8月1日 8:42  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「薬剤師の本音」 宇田川久美子 著

薬剤師の本音
宇田川久美子 著 ISBN978-4-8002-9335-0

ひと口に病気といっても、その原因によって大きく3つに分けることができます。(1)遺伝性などの先天性の病気(2)インフルエンザなどの伝染病・感染症(3)高血圧、糖尿病などの生活習慣病の3つです。

医学の進歩とともに助けることができるようになった先天性の病気はたくさんあります。また、伝染病・感染症は外部からの細菌やウィルスにより発症するため、細菌を殺す抗生物質や、感染による症状を抑え、緩和させる薬は効果的です。

一方、生活習慣病の場合、薬を飲み続けても完治することはありません。それもそのはず、生活習慣病の薬は「病気を根本的に治すもの」ではなく「症状を抑えるもの」にすぎないからです。生活習慣病は、日々の不摂生が原因です。従って「食事」を変えたり「運動」をする時間をつくったりすることなく、ただ病院に通って薬をもらっているだけでは治りません。もし、薬で病気が治るのならば、薬が増えるはずないのに、飲む薬種類が増えているのはどういうことでしょうか?

それでは、何が病気を治すのかというと、それは、私たちの身体に備わっている「自然治癒力」(生体恒常性機能・自己再生機能・免疫力)です。つらい症状を抑えることは決して悪いことではありませんが、症状を抑えてしまうから忘れてしまうことがあります。それは、自分の身体と真摯に向き合うということです。病気の根本的な原因を考えずに「薬があるから大丈夫」という意識が問題なのです。

また、年を重ねるにつれて、身体に不調が出てくることは当たり前のことで、検査をして数値が基準値でないという理由だけで、薬を飲むことは本当に身体のためなのでしょうか。基準値はあくまで「目安」です。生活に支障がないのであれば、老化は自然の摂理と考えませんか。これからは「安易に薬に頼るのではなく、自分の身体が発する声に耳を傾け、不調の原因について考えてみる」ことにしましょう。

厚労省が専門家(医師と薬剤師)のみに注意喚起している「多剤服用」の危険!!

2019年7月18日 8:52  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ